読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者に優しい!おすすめのFX会社5選

ここでは、FXを始めようと思っている人にメリットとなる会社を紹介します。 初心者の場合、「失敗して借金を抱え、大損をしてしまうのではないか」という印象が強いです。 それを防ぐために「デモトレード」と呼ばれる無料のFX 練習サービスを提供している所もあります。 幾つかFX会社を比較し、自分に合った所を見つけてみましょう。

DMMFX

f:id:hamonaraki:20161116102523p:plain

 DMMFXは有名タレントを多く起用して宣伝をバンバンやっているので、初心者にとっても馴染みのあるFXでしょう。 ネームバリューで選択しても良いですし、サービス面で考えても十分なサービスです。 特に特徴として言えるのが、スプレッドが狭いこと。 スプレッドとは、取引間に発生する手数料のことです。 FXでは円で買う時や売る時に、その差額を手数料として支払います。 この差額分に発生する手数料が大きければ多いほど、儲けに発展しにくいんです。 スプレッドは取引を多くする人ほど低いものを選択したいです。 例えば、差額分のスプレッドが0.3円のところと、1円のところ。 0.3円のところで1日に1万ドルの取引を10回もやっても300円です。 しかし、1円のところで1日に1万ドルの取引を10回やったら1,000円です。 これだけスプレッドの差は、実は大きいんです。 DMMFXは、10数種類の通貨で最小幅のスプレッドとなっています。

  • 米ドル:0.3銭
  • ユーロ:0.6銭
  • ポンド:1.1銭
  • 豪ドル:0.7銭

主要通貨のスプレッドの低さでは魅力的です。

DMMFXについて詳しくはこちら

外為オンライン

f:id:hamonaraki:20161116102541p:plain

 外為オンラインはFX業界の中では老舗というわけではありませんが、独自のノウハウや素人にもわかりやすい情報提供が評価を高め、いまでは年間取引第1位とされているFX会社です。 特に素人が安心できる材料は下記のポイントでしょう。

  • デモ口座作成がある
  • デモトレードがある

やっぱり実際やってみなくちゃわからないという人がほとんどです。 とはいえ、いきなり口座を作ったり、自分のお金を使うのには抵抗がある人もいるでしょう。 それを解消してくれる初心者向けのFX会社と言えます。 まずはデモ口座を作成し、デモ取引を体験しましょう。 操作方法だけでなく、本物に近い為替レート、環境でのお取引を堪能できます。 デモトレードでは、「ここで売ったら損失が発生してしまうのか~」、「レートが上がっている場合はこんな対応をすればいいんだな」などと、仮想空間で、FXを楽しむことができます。 デモトレードを体験して、知識を深めることが重要です。 初心者の場合は必ず利用したほうがよいです。 他に初心者にお勧めなポイントが取引の際、少ない通貨でできること。 1,000通貨から取引できます。 簡単に説明すると、今までは1万通貨の取引に必要な証拠金は1ドル100円計算だと4万円が必要でした。 しかし1,000円通貨での取引が可能なら4,000円で済みます。 同様に1ユーロ130円の場合、5万2,000円かかっていたものが5,200円になります。 また15ドル50円の場合、3万6,000円かかっていたものが3,600円になります。 このように最初に取引する額が少額になっているので、初心者でも取り組みやすいというわけです。わかりやすく言えば他のFX会社は1万円からしか投資できないのに、外為オンラインなら1,000円から取引できるみたいなイメージです。 また外為オンラインは無料セミナーを随時開催していて、基礎知識を身に付けられる環境も提供してくれます。

外為オンラインについて詳しくはこちら

外為どっとコム

f:id:hamonaraki:20161116102559p:plain

 外為どっとコムも初心者に分かりやすいシステムも採用しているFX会社です。 こちらも外為オンライン同様、最低取引単価は1,000通貨。 手数料がかかるわけでもないので、利用しやすいサービスです。 外為どっとコムで最も魅力的なのはスワップ金利が高めで、スワップ金利のみの出金ができることです。 スワップ金利とは、2国間の金利差から得られる利益のこと。 たとえば日本の金利を売って、金利の高いオーストラリアのドル通貨を買えば、その差額分が利益となります。 仮に日本の金利が0.1%で、豪ドルが金利5%だとすれば、その差額は4.9%。 このスワップ金利は毎日付与されるので増収が見込めます。 わかりやすく金額でイメージしてみましょう。

例えば豪ドル96円を1万通貨保有していたとします。 そうなると、96万円分の豪ドルを保有している計算に。 そして日本の差額となる4.9%の金利を年間でかけると、470万7,000円となります。 これを1日あたりに換算すると、1万2,895円

このスワップ金利は業者ごとに違うので、金利が高ければ増収につながる可能性も高くなるわけです。 スワップ金利が高いのは、豪ドルやニュージーランドドルが有名です。 ただし、取引可能通貨自体がそんなに多くないので選択肢が少ないというデメリットもあります。 低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買う感覚が覚えられれば、そのポジションを維持することができるでしょう。 FXだとスワップポイントを毎日受け取れます。

外為どっとコムについて詳しくはこちら

みんなのFX

f:id:hamonaraki:20161116102618p:plain

 みんなのFXレバレッジが9種類も用意されています。 レバレッジとは、簡単に言うと取引会社で自分が証拠金として預けられる額のこと。 レバレッジは競馬でいうところの掛け金のようなイメージですね。 かける金額が多くなれば、それだけ見返りとなる利益や損失も大きくなります。 ただ競馬と違って掛け金を利用者が自由に決められるわけではありません。 FXの場合はレバレッジが決まっているところ、上限が決まっているところがあるんです。 みんなのFXは資産運用にあわせて1倍、5倍、10倍、20倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍の全9種類のレバレッジが用意されています。 ほとんどのところは5種類程度なので、選択肢がかなり多いです。 次にメリットとして挙げられるのが取引先の銀行の多さ。 みんなのFXでは現在、11の銀行が使えます。 楽天銀行などのネット銀行も可能です。 これなら対応している人もたくさんいるでしょうし、ダイレクト入金にも対応可能です。 逆にデメリットはチャートの使いにくさでしょうか。 プライスパネルが一つあれば良いという人なら特に影響ないと思いますが、比較しながらチャート表を見たい人にはちょっと不便です。

みんなのFXについて詳しくはこちら

セントラル短資FX

f:id:hamonaraki:20161116102636p:plain

 最後に紹介したいのが、3つの取引口座を用意しているセントラル短資FX口座を作るときに初心者用、中級者用、上級者用と分かりやすい投資スタイルに分かれています。 初心者ならFXダイレクトプラスがおすすめ。 初心者の方は1日に何回も売買したくなってしまうでしょう。そんな時でもこのコースを選択しておけば、取引に手数料は一切かかりません。 またドルなら1,000通貨単位から取引でき、小額で取引できます。 ちょっと慣れてきたら、スワップポイントが狙える高金利の通貨も揃っています。 例えば、トルコリラ南アフリカランドなども用意されていますよ。 そして魅力的なのは未来チャート! 未来チャートとは、市場の動向を予測して売買の想定することができます。 通貨ペアや足種ごとの売買傾向を分析してくれます。 その他にも外貨両替手数料や口座維持費用、取引手数料に一切お金がかからないのも初心者にとってはありがたいですね。

セントラル短資FXについて詳しくはこちら

まとめ

以上、様々なFX会社を比較してきました。 手数料、スワップポイント、ロストカットレバレッジなどで比較する人が多いと思いますが、初心者の方はまずは手数料無料かということを重視して検討みてはいかがでしょうか。 また自分以外の意見を聞くためには、利用者が多いFX会社を選ぶのもお勧めです。 TwitterFacebook などで関連情報をつぶやいている人もいますからね。 上記紹介したようなところは、いずれも人気が高いのでお勧めです。

初心者に優しい!おすすめのFX会社 人気ランキング!

fx01

【第1位】DMMFX

DMMFXは有名タレントを多く起用して宣伝をバンバンやっているので、初心者にとっても馴染みのあるFXでしょう。ネームバリューで選択しても良いですし、サービス面で考えても十分なサービスです。 特に特徴として言えるのが、スプレッドが狭いこと。

fx01

【第2位】外為オンライン

外為オンラインはFX業界の中では老舗というわけではありませんが、独自のノウハウや素人にもわかりやすい情報提供が評価を高め、いまでは年間取引第1位とされているFX会社です。

fx01

【第3位】外為どっとコム

外為どっとコムも初心者に分かりやすいシステムも採用しているFX会社です。 こちらも外為オンライン同様、最低取引単価は1,000通貨。手数料がかかるわけでもないので、利用しやすいサービスです。 外為どっとコムで最も魅力的なのはスワップ金利が高めで、スワップ金利のみの出金ができることです。